aloha-classic.com

« himuro @ Akabane | back to top..? | Do-Miso. »

Septiembre 08, 2017

The end of the summer of 2017.

雨続きだった2017年の夏。

時間が過ぎていくのは早いものだけど、
夏が過ぎていくのは、一層その早さを感じる。

9月に入って1週間が過ぎた。
今日も4時半に起き、タスクをこなしつつ1日の準備をする。

出社中、つくつくぼうしが鳴いていた。
つくつくぼうしは「真夏になくセミ」という印象が強い。

夏の終わりと言えば「ひぐらし」な記憶だが、
9月の中旬にさしかかるこの日、
つくつくぼうしを聞きながら、
まだ夏の気配が完全に消えたわけではないんだな、と感じた。

日差しは痛くはなく、秋の気配を感じる刺激だったが、
まだ彼らは一生懸命に鳴いている。

頑張れ、つくつくぼうし。

でも、その夏ももう終わる。

夏の終わりを迎え、僕は新しい生活をはじめる。
その準備もおおかた整った。

人もセミも皆、何のために生きていくのだろう。
儚く、でもとても詰まったその生涯で、
何をなし得て、何を残していけるのだろう。

僕には償わなければならない事がこの先もたくさんあり、
生涯をそれに捧げるため、強く自分を戒めていかなければいけない。

一瞬で死んでしまう真夏のヒーロー、
真夏の代名詞でもあるつくつくぼうしの鳴き声に、
あらためて精神を見つめ直し謙虚さを持ち直させてもらった朝だった。

夏が好きだ。
だから、僕はキミに「夏」という文字を授けた。

夏の海が好きで、
だから、僕はキミに「夏海」という文字を授けた。

夏が終わっても、僕は終わらない。
気持ちを謙虚に、心を見つめ直して9月も過ごしていく。


by aloha-classic.com
Kama'aina ; ☆☆☆
Me ke aloha ; 1,185

posted by ALOHA. : Septiembre 8, 2017 01:29 PM

COMMENT.