aloha-classic.com

« Do-Miso. | back to top..?

Septiembre 30, 2017

Niki-Kahkan, 82th B.D.

伯母、82歳。

09/26に元気に82回目の誕生日を迎え、我々家族でお祝いのランチをしてきた。

新宿が大好きなその伯母を、
新宿の由緒正しきランドマーク「京王プラザホテル」に招いて。

だいぶ、白髪が増えていた。
身体もかなり細くなっていたが、
しっかりと話し、しっかりと食べる。

世間的には「まだまだ元気なおばあちゃん」の典型姿だ。

伯母には子供がいない。

伯母自身の姉妹も、そして親族も女性ばかりで、
唯一の男児だった僕は相当かわいがってもらっていた。

離れた場所に住んでいても、
伯母が注いでくれた僕への愛情は、今もなおずっと強く感じている。

会話の節々に今回もそれらを存分に感じる一方で、
離れて暮らす親族・家族への愛情の伝え方を、
あらためて強く考えさせられる。

時折、
気持ち的に我慢しきれなくなり「うっ‥」と涙が流れそうになる。
僕が泣いている場合でもなく、こらえたけれども、
苦しいことは、やはり苦しい。


僕が高校や大学生の青春時代、
新宿、特に西口の都庁周辺は高層ビルが立ち並び、
「日本が世界に誇る大都会」の最たる象徴の1エリアだった記憶がある。

とても最先端なイメージを抱いていたし、
夜の新宿中央公園なんて、
摩天楼を見上げながらの区画が整備された美しい「都会の夜の公園」の
1つの完成形だと当時は感じていたものだ。

時代が流れたのだろうか。
それとも、僕が時代とともに変わったのだろうか?

久々に来た新宿の西口「京王プラザホテル」からは、
時代の最先端とか、大都会の象徴という雰囲気ではなく、
「ザ・昭和」の、何とも懐かしくも少し色褪せたある種の風情のような、
そんなものを感じた。

時間の経過を、
そんな情緒的なところからも感じる。

人が生まれ、生きるということが、
どれだけ大変で、でも奇跡なことなのか。

一方では、
それがどれだけ一瞬で儚いものなのか、を
どちらも同じように強く感じる。


前日、深夜3時半過ぎまで仕事をしていて体力的にはキツかったけれど、
伯母の82回目の誕生日のお祝いに立ち会えて良かった。

どうかまた1年、
逆にコチラが心配になるくらいの元気な1年を過ごしてください。


by aloha-classic.com
Kama'aina ; ☆☆☆☆
Me ke aloha ; 1,187

posted by ALOHA. : Septiembre 30, 2017 07:09 PM

COMMENT.