aloha-classic.com

« recuperar. | back to top..? | marriage ring & dinner. »

Marzo 28, 2011

march, 2011 JPN.

2011年3月。

すっごい色々な出来事が公私ともあった。

とりあえず元気です。

さて。

相変わらずスーパーに行くと、
ある一角のエリアは買い占められていてすっかり商品がないのだけど、
正直言って「醜い」。

TVでインタビューを受けていて
「まわりが買っているから不安になって‥」という気持ちもわかるけど
「買っとかないとなくなっちゃうわよ」というババァの顔には
もはや人としての品格すらなくなっていて、
むしろ「死にぞこない」と呼ぶにふさわしい。

人間、品位品格は努力しても身につかず、
生まれもったものだよな、とは常々親友武穂と話しているのだけど
今回あらためてそれを思った。

その食料品、なぜ被災者の方々のために贈ろうと思えないか。

買占めをしている彼らを総称して、僕は批判を恐れず「死にぞこない」という。

じぶんの存在意義や、社会的責務が理解できず、
見えてる世界が自分から数メートルレベルの人間はゴミだ。

世界では、暴動・略奪・強姦が起きず、日本人のモラル力への賞賛があったが、
僕はあえてそれを全力で否定しておきたい。

肉体的暴動や略奪は起きていなくても、
内心的暴動や略奪はじゅうぶん起きている。

震災の影響は停電レベル、というわずかな被災で助かっている東京。
全力で国力回復のために知恵と行動をおこさなければいけない東京のど真ん中で、
食品の買占め、飲料の買占めが起きている。

もっと他に考えや思考は浮かばんのかね。

金を払えばよい、というものではない。
これだって被災地の方々に対しては、十分な略奪行為である。

そうした行為に、
「買っておいた方がいいわよ」といけしゃーしゃーとTVインタビューで答える豚どもは、
醜態をさらすこの上ない品位のない生き物。

醜貌、という言葉にふさわしい。

日本人として誇るべき部分もあるけれど、
東京に住む同じ人間として甚だ恥ずかしいです。

情けない事何たるや。

幸い、じぶんのまわりには
そういうアホどもは1人もいなかった。

妻の実家は、茨城で野菜を作っています。

風評被害をモロに受けていて、それがまた許せない。

地震・津波・家事・停電‥自然災害ならまだ理解しよう。
ただ、風評被害は、暴動と一緒なのではないか。

いまの日本とは、そういう国なんだ、ということを
しっかり理解しておくべき。

じぶんたちは、今そういう国に生きている。

復興に向けて命をかけて尽力している人達もいる。
それは、大変名誉なことだ。

だが、賞賛を受けるほど立派な国家では、もはやない。

それを十分理解したうえで、
そこまでの復興を視野にいれて、自分達は行動すべきなのである。


by aloha-classic.com
Kama'aina ; ☆
Me ke aloha ; 961

posted by ALOHA. : Marzo 28, 2011 02:34 PM

COMMENT.